空気を考える

室内空気の考え方

家づくりと空気環境は切っても切れない大きな課題です

家づくりで大切になってくること。デザイン性、省エネ性、コスパ、安全性。
人により様々ありますが、REXホームでは「健康」を中心に家づくりをしています。
いろいろな要因の中で大きく健康に作用してくるのが、家の中の空気環境です。
ここではREXホームが無添加住宅と共に考える「空気」の安全性をコンセプトを記します。

室内の空気が、家族の健康を守る

毎日暮らす家。家族にとってかけがえのない「健康」を室内空気環境から考えます。

飲食物よりも体に取り込む量が多い「空気」

人が一生のうち、体内に取り込む物質で一番多いのが、実は「室内の空気」です。飲食物と比べると、飲食物は人体の物質摂取量の中でわずか15%ほどです。そんな中、約60%が「室内の空気」。もっと分かりやすく言えば、人が1日に吸う空気は重さにして約21Kg、飲食物の約7倍なのです。ご家族が健康に暮らすために、飲み物や食べ物は選べますが、呼吸する「空気」は選べません。家の中で過ごす時間も長い主婦の方などは、室内での空気環境がとても大切になってきます。

床面近くに潜む危険

室内に発生した化学物質のうち重い物質は床面近くに滞留します。床面付近で生活の大半を過ごすお子さんは、建材や接着剤などから揮発した有害な化学物質を大人より多く「空気」として吸い込んでしまっているのです。この様な室内環境で大丈夫でしょうか?お子さんのための食事に良し悪しがある様に、室内の空気にも良し悪しがあります。建材に使われる化学物質は種類もいろいろ。その数も毎年増え続けているのです。建材の施工性やコスト追求などの影で、安全が見落とされているのではないでしょうか?

室内空気環境についての考察

人が一生のうち、住宅に使われる建材や塗料、接着剤などから発生、拡散する化学物質などで室内の空気が汚れ、その化学物質を吸い続けると、場合によっては人体に健康被害を及ぼすことがあります。その症状はアレルギーや喘息、シックハウス症候群など様々。厚生労働省は2002年に13種類の化学物質について濃度指針値を定め、さらに2003年には国土香中傷が建築基準法を改正し、2つの化学物質を帰省しました。また新築や増改築の住宅には24時間換気する設備の設置を義務化しました。しかし、近年では規制された化学実質の代替物質が使われ、規制と代替物質探しの関係は延々と続き、今後も新たな物質による健康被害が繰り返されることが予想されます。

本物の家造りは、江戸時代から学ぶ。

無添加住宅が誕生した偶然

無添加住宅の先代社長の秋田憲司氏のお話です。築30年の家を一部リフォーム(床のフローリングの張り替えとトイレを改装)した所、その場所に入ると目がチカチカしたり、喉が痛くなったとのことでした。その時、秋田社長は学生の頃に学んでいた自然科学の知識を基に改善に乗り出しました。シックハウス症候群の方でも安心して住むことのできる家。これが「無添加住宅」建築への第一歩となったのです。


気になる添加物を加ない、使用しない

近年、オーガニックな家や自然素材の家、ナチュラルテイストの家など健康を意識した家が増えてきています。それらは建材の中で、無垢材やしっくい、珪藻土など何かの自然素材を1種類でも使っているだけで、その様に謳っているものが多く存在します。はたしてそれは消費者が思っている「健康住宅」なのでしょうか?無添加住宅の「無添加」とは、気になる添加物を徹底的になくした、食べられる暗い安全な建材で構成された家なのです。例えば、化学接着剤の代わりになるものとして、米で作る「米のり」、建具やフローリングには、薬剤処理を施していない「無垢材」、ビニールクロスの様な壁紙でなく、石灰岩を主成分にした壁材「しっくい」などを使っています。それらの建材の原料調達から、加工、輸送、国内配達までの過程を管理している私たちだからこそ、お客様の安心安全を確保できると考えています。

お手本としたのは、シックハウス症候群のなかった頃の江戸時代の家づくり。

昔の家は土と木、そして草や紙など構成され、自然の理にかなったバランスの取れた家でした。その考え軸に、現在の家づくりに合うよう、何度の吟味を重ね、自然素材に徹底的にこだわり抜いて完成させたのが「無添加住宅」です。


資料はこちらから

PAGE TOP