建材を考える

フローリング・ドア

天然無垢材の木目がやすらぎの空間を演出 足下から伝わる温かさ、触れると分かる重厚感を感じてください

素足で走ったり、手に触れる、床やドアだから信頼できる建材で安心して暮らしたいと誰でも思います。
無添加住宅の無垢材は防虫・防カビ処理にも薬剤を使わず、時間と手間をかけて安全性を高めています。
天然素材の無添加住宅の無垢材は触れて温かく、木目を生かしたデザインは住むのが楽しくなる家となっています。


フローリング


無添加住宅オリジナル 無垢材フローリング

天然素材の木目と色合いが創る風合い

自然な環境で育った無垢材の表情は様々です。 一本として同じものがないことを、短所と捉えるよりも自然の造形の美しさとしてお考えいただきたのです。 大量生産ではなく、じっくり年げつをかけて育ってきた天然材だからこそ、温もりと安らぎを人に与えることができるのです。無添加住宅では、色や硬さ、木目にそれぞれの美しさを持つ、フローリングに最適な無垢の床材を取り揃えています。

天然素材の木目と色合いが創る風合い

東南アジア産の輸入材は防虫・防カビのために薬剤による燻蒸処理を行うのが一般的です。表面処理だけでなく薬剤が加圧注入されていることもあります。だから無垢材と言っても全ての製品が安全であるとは限らないのです。無添加住宅の無垢材は燻蒸処理を行わず、70℃位の高温釜に1週間程度入れて防虫・防カビ処理を行います。また、出荷するまでに-20℃の冷凍殺菌も行なっております。人や環境に有害な薬剤を使わないので無添加無垢材は安心・安全なのです。

調湿機能があるからこそ床なりも自然な現象です。

無垢材は、季節によって床の隙間が開き、踏み音が出る場合がありますが、特別不快な音ではないと思います。空気中の水分が季節により違うため、無垢材がそれを吸収したり、吐き出したりするために起こる現象なのです。無垢の木にとっても自然なことなのです。室内の湿気を調節してくれるありがたい特性です。逆に、一年中どの季節も全く変化しないことを木材に求めることは、本来とても不自然なことです。人が呼吸をするように、無垢材もまた呼吸をしているのです。

無垢材は呼吸しています。だから完全無塗装。

今までは汚れにくくするという理由からウレタン塗装が望まれていました。しかし、本来、無垢材は塗膜塗装をしないで使ってこそ、その良さがあらわれるのです。それは調湿機能が働いているからです。ウレタン塗装などで塗膜を作ってしまうと湿気を吸いにくくなります。水分による変形は起こりにくくなりますが、無垢材の持っている優れた特性が殺されてしまします。無添加住宅の無垢材は無塗装が基本です。

マツ科の針葉樹。中程度の硬さで、柔らかな木目が特徴。

マメ科の紅葉樹。木質は軽く適度な柔らかさと温かさが特徴。

シンゴンを集成材とすることでそりや収縮を軽減しています。

マツ科の針葉樹。アカマツとも呼ばれています。

ロシアンパインに無添加住宅オリジナル塗装ムテンカラーを塗装。

マツ科の針葉樹。色は黄白色で植林樹として広く栽培されています。

カエデ科カエデ属の落葉広葉樹。白から黄白色、木目が細かい。

アマメ科の紅葉樹。材質は硬く、心材は濃い茶色、辺材は濃淡あり。

ブナ科の落葉広葉樹。辺材は淡黄褐色で木目には虎斑が見られる。

ブナ科の落葉広葉樹。硬質は重厚、はっきりとした木目が特徴。

シクシン科の広葉樹。心材は褐色色調に差があります。

ドア


無添加住宅オリジナル 無垢材ドア

時とともに増す自然の風合い。重厚感と温かみを備え持つ天然無垢材。

玄関ドアは厚み7cmの重厚な無垢を使用。柿渋塗装が重厚感を際立たせ、住まいの顔に相応しく訪れる人を出迎えてくれます。
室内建具は、無垢材の集成材を使用、無害な米海苔で接着しているので、安心・安全です。飽きのこない自然な風合いはプリント合板の製品とは比べ物になりません。

無垢の化粧材を使用した厚さ7cmの重厚なドアです。
ドアの作りは格子状に組んだ骨組みに
化粧材を両面ばりしたフラッシュタイプです
無垢玄関ドア框タイプ(右勝手)
無垢玄関ドア框タイプ(左勝手)

幅900mm 高さ2200mm 厚み70mm
ロシアンパイン・柿渋塗装仕上げ
国内加工  取手は別途となります。

無垢玄関ドア バリエーション
(オーダー例)

材質は下記よりお選びいただけます。


資料はこちらから

PAGE TOP